歴楽講座 平成29年度第6回は「江戸開府前後の謎と東葛」

  • 2017.10.04 Wednesday
  • 22:22

JUGEMテーマ:イベント情報

<戸定陣屋があった現在の松戸神社境内(正面は秋葉社)>

 

永禄3年(1560)桶狭間合戦で織田信長軍が今川義元軍を破ってから、「天下一統」へ向けて時代は動き、やがて織豊政権の樹立により、戦国時代は終わりを迎えます。

その間、関東では後北条氏が勢力を伸ばしていましたが、天正18年(1590)の豊臣秀吉の小田原攻めで後北条氏は戦国大名としては滅び、代わりに関東は徳川家康に支配され、やがて江戸に幕府が開かれます。

この江戸開府前後の時期は、謎も多いです。徳川家康とその配下の三河武士たちは、小田原でも鎌倉でもなく、江戸を拠点とし、三河や周辺から人を集めて江戸を整備しました。家康は小金を息子武田信吉の領地とし、船橋に自らの御殿を置きました。東金御成街道も家康の命により作られました。後北条氏が歴史の表舞台から消えた後、東葛地域の高城氏やその家臣たちはどうなったのかを含め、少し考察したいと思います。

 

<本土寺にある武田信吉生母於都摩の墓>

 

<船橋御殿跡に建つ東照宮>

 

場所: アミュゼ柏 会議室B (柏 市柏 市6-2-22)
     ⇒ アクセス:柏駅 東口徒歩 9分
日程:2017年10月22日(日) 13時〜15時くらいまで
テーマ:江戸開府前後の謎と東葛
講師:当会会長 森
参加費:会員:100円、会員外:300円 (資料代など)
その他:会場に隣接して駐車場はありますが、有料です。
・以降のテーマなど:会誌「水辺の城」(2017年7月30日発行)現在頒布中!、
12月以降も見学会を含め開催予定

 

9月30日(土)に歴史講演会「車ノ前五輪塔と柏市大井地区の中世世界」 開催!

  • 2017.09.12 Tuesday
  • 20:00

JUGEMテーマ:イベント情報

手賀沼周辺には古い歴史があるのをご存知ですか? 柏市大井には、平将門の愛妾車ノ 前の供養のために建てられたという五輪塔など古い石造物や遺跡があり、中世の歴史的景観が残っています。 そこには、平将門に関する伝承も残っています。 今回、 柏市大井地区に焦点をあて、水上交通の視点から柏の中世世界を探ります。 中世考古学の専門家を講師に迎え、お話していただく予定です。皆様、お気軽に。

 

(下の写真は、阿弥陀様板碑見学の様子(左)、車ノ前五輪塔(右:2009年当時の写真))  

 

会場:パレット柏 ミーティングルームA・B・C (柏市柏1−7−1−301号 Day Oneタワー3F)⇒ アクセス:柏駅南口より徒歩3分
日程:2017年9月30日(土) 13時開場、13時半開演 〜16時半くらいまで 
講演テーマ: 車ノ前五輪塔と柏の中世  講演「車ノ前五輪塔と柏市大井地区の中世世界」 +レポート「柏市域の板碑」
講師:間宮 正光氏 (千葉県文化財保護指導委員)
参加費:300円(資料代など)
その他:申込不要(先着75名まで)。 会誌「水辺の城」、松ヶ崎城跡写真集頒布中。 お問合せは、森(090-3579-5185)まで。 駅から近いのでなるべく電車などでお越しください。 駐車場は会場にはありませんが、隣接した有料駐車場をご利用願います。
会場で板碑および資料の展示あり、当講演会の場で板碑の説明も行い、歴楽講座第5回と兼ねます

事後、近隣で懇親会を行います

 

車ノ前五輪塔の前で:大きさは台座の上から約160cm(左側の女性と比べて見てください) 

 

 

2017 年度 歴楽講座 第1回 不戦の誓い新たに 千葉県北西部の軍用鉄道等の戦争遺跡

  • 2017.04.27 Thursday
  • 06:01

<陸軍鉄道連隊による江戸川架橋(大正3年)>

 

千葉県北西部に残る軍用鉄道跡は、廃線になっただけでなく、一部は今も使われている・・・

 

江戸川の京成電鉄の鉄橋を最初に架けたのは、実は鉄道連隊でした。

千葉県北西部には、千葉の椿森に陸軍鉄道第一連隊、津田沼に同第二連隊が設置され、演習線も千葉市、習志野市、船橋市、鎌ヶ谷市、松戸市・・・と敷設されました。演習線は戦後廃線になっただけでなく、一部跡地は新京成電鉄の路線にも使われています。今回、千葉県北西部の軍用鉄道等の戦争遺跡についてご紹介し、陸軍工兵学校と演習線、柏飛行場、藤ヶ谷飛行場への引込線などについても説明します。お楽しみに。

 

<21世紀森と広場付近の陸軍演習線の廃線跡(松戸市)>

 

<演習線軌道跡周辺にある陸軍境界標石(松戸市)>

 

・場所: 柏中央公民館 5F 和室1・2・3  柏市柏5丁目8番12号(教育福祉会館内)
    ⇒ アクセス:柏駅東口より徒歩10分
日程:2017年5月28日(日) 13時半〜15時半くらいまで 
テーマ:千葉県北西部の軍用鉄道等戦争遺跡
講師:当会より
参加費:会員:100円、会員外:300円 (資料代など)
その他:会場で陸軍鉄道第一、第二連隊、陸軍工兵学校の資料展示有、柏中央公民館に隣接して駐車場はありますが、有料です。
以降のテーマなど:今後見学会を含め開催予定

 

<鉄道連隊の兵士>

4月23日(日)に歴史講演会「中世の板碑と城郭 〜柏・白井地域を中心に」 開催!

  • 2017.04.15 Saturday
  • 21:40

 中世の東国を中心に建てられた板碑をご存じですか? 柏市や隣接する白井市でも、鎌倉時代から建てられましたが、これは当時の武士を中心とする人々の供養のための石碑です。 板碑がある地域は、中世の城郭や古い寺社があることも多いです。 板碑をめぐる面白い話、不思議な話など、地元の歴史に詳しい講師を迎え、お話していただく予定です。皆様、お気軽に。 

<阿弥陀様板碑見学の様子>

 

<阿弥陀様板碑をまつる御堂と周辺>

 

 

柏市民活動フェスタ2017 協賛イベント
後援:柏市教育委員会
会場:柏中央公民館 4階 集会室1・2(柏市柏5丁目8番12号(教育福祉会館内)) 〜柏駅東口より徒歩10分 
日程:2017年4月23日(日) 13時30分開場、講演会は、14時開演〜16時頃まで  
講演テーマ:「中世の板碑と城郭 〜柏・白井地域を中心に」 
講師:小林 茂氏 (地域史研究家)
参加費:300円(資料代など)
その他:申込不要(先着90名まで)。 創立15周年記念会誌、松ヶ崎城跡写真集頒布中。 お問合せは、森(090-3579-5185)まで。 公民館に隣接して有料駐車場があります。

 会場で板碑・資料の展示あり

 

2月26日(日)に第8回歴楽講座「歩いてみた柏」開催

  • 2017.02.19 Sunday
  • 00:18

<布施弁天の看板と常夜灯>

 

JR北柏駅から少し離れていますが、布施入口の交差点をしばらく東へ進むと、布施弁天の看板と常夜灯があります。その先の向かって右側の道を進んでいくと、布施弁天がありますが、その途中に南龍寺や大きな古い家が建ち並ぶ地域があるのですが、そこを含めた一帯が柏市でも古くから栄えた布施地域になります。

 

<布施弁天東海寺>

 

布施は戦国時代末期から江戸時代初期に、既に400石を越える石高の村で、江戸時代後期には700石くらい、明治期には1000石を越える大きな村でした。 近隣の村が200石程度の時に3倍以上の村高があった訳で、寺社もいくつもあります。布施はもちろん、お寺では布施弁天が有名ですが、布施街道沿いには正保4年(1647)創建という浄土宗の南龍寺があり、古谷には時宗の善照寺があります。また、あけぼの山農業公園に近い土谷津には、真言宗の円性寺があります。 他にお堂もあり、神社は古谷に八坂神社、香取神社、土谷津に日枝神社などがあります。

この辺りは、古代には古墳が築かれ、中世には城も築かれましたが、布施はどちらもそれなりの規模でありました。

 

今回、「歩いてみた柏」と題した講座を行いますが、布施と花野井、そして松ヶ崎城跡のある松ヶ崎にスポットを当てて、ご紹介しようと思います。 「歩いてみた」とあるように、実際に歩いてみないと見落としてしまうこともあると思いますので、できるだけそれを拾っていこうと思います。

 

<安産不動明王の御堂>

 

今回の講座は、以下の通り実施予定です。

 

場所: 柏中央公民館 4F 集会室1・2  柏市柏5丁目8番12号(教育福祉会館内) 
⇒ アクセス:柏駅東口より徒歩10分 
日程:2017年2月26日(日) 13時半〜15時半くらいまで 
テーマ:歩いてみた柏 〜布施・花野井・松ヶ崎を中心に
講師:当会より
参加費:会員:100円、会員外:300円 (資料代など)
その他:柏中央公民館に隣接して駐車場はありますが、有料です。 
以降のテーマなど:3月は歴楽講座はありません。4月に講演会を開催予定

 


<浄土宗の南龍寺>

 

なお、花野井については、以前地元の方に聞き取りをしていますので、そのことを交えてお話できればと思います。

 

<吉田邸の門>

 

先日布施に少し写真を撮りに行った後、松ヶ崎城跡に行くと、だいぶ桜が咲いていました。講座のある2月26日には、もう満開かもしれません。

 

 

1月29日は歴史散歩「小金東漸寺から根木内城跡」

  • 2017.01.19 Thursday
  • 00:49

<東漸寺>

 

新年第一弾のイベントは、1月29日(日)の歴史散歩「小金東漸寺から根木内城跡」です。

北小金駅南口デッキ上の銅像の周りに14時に集合、駅の南側を東漸寺などめぐり、根木内城跡まで行きます。 当会は北小金を何回めぐるのかという話もありますが、それだけ見どころが多い場所です。

 

<以前おこなった北小金歴史散歩の集合風景>


・集合場所: 北小金駅南口(イオン側) 改札を出たデッキ上の銅像付近 
・日程:2017年1月29日(日) 14時〜17時くらいまで 
・テーマ:歴史散歩「小金東漸寺から根木内城跡」
・行程: 北小金駅南口→綿貫氏居宅跡→東漸寺→小金市民センター(休憩)→妙典寺→行人台城跡→根木内城跡→根木内歴史公園→東雷神社→北小金駅南口
・講師:当会より
・参加費:300円 (資料代など)
・その他:北小金駅周辺にも駐車場はありますが、混んでいますのでなるべく電車等でお越し下さい。人数確認のため、なるべく事前にお申し込み下さい(まだ受付中)。 

 

根木内城は、高城氏の重要拠点だった城で、本丸相当部分が残っていませんが、残存遺構もあり、発掘で障子堀が見つかったり、歴史的価値も高いですが、その周囲を湿地帯がとりまき、自然環境としても面白い場所です。

 

<根木内歴史公園で>

 

お申し込みは、以下のメールアドレスまで。
info@matsugasakijo.net

平成28年度歴楽講座 第六回 「本土寺過去帳と柏の中世」

  • 2016.12.04 Sunday
  • 08:39

平成28年度歴楽講座 第六回 「本土寺過去帳と柏の中世」

― 柏市域の武士、一般庶民、猿楽者まで、本土寺過去帳は記載した ―

 

  

 

<松戸市平賀の古刹本土寺(上)、境根原古戦場跡(柏市光ヶ丘団地内:下)>


本土寺過去帳は、松戸市平賀の日蓮宗本土寺に残された過去帳であり、東葛飾はもとより千葉県内の中世の人々の足跡をたどるための貴重な古文書です。その本土寺過去帳からは記載された方の俗名、なくなった場所や状況も書かれていることがあり、それを手がかりに、様々なことを知ることができます。
その本土寺過去帳を読んでいると、出てくる地名が柏市域や周辺のものも少なくありません。
また、市川合戦や境根原合戦など、享徳の乱前後の戦いでなくなった方の名前などから、広範囲な勢力のつながり、対立関係など当時の状況を知ることもできます。さらに本土寺過去帳には、例えば大工さんのような当時の一般庶民も記載されていますが、猿楽者も現在の柏市豊四季には居住していたことが分かります。

柏市が土地を買い取ろうとしている増尾の幸谷城と比定される増尾の「コウ城」でも、本土寺過去帳では文明17年(1485)に戦闘があったことを示しています。

柏市域に焦点をあてて、本土寺過去帳の世界を垣間見てみませんか。

 

<本土寺の遊歩道>

 

<増尾の幸谷城跡の虎口>

 

日時:2016年12月18日(日) 13 時 30 分 〜 15 時 30 分まで (13 時開場)
場所:柏中央公民館 4階 集会室1・2
(柏市柏 5 丁目 8 番 12 号(教育福祉会館内)〜柏駅東口より徒歩 10 分)
テーマ:本土寺過去帳と柏の中世
講師:当会より
参加費:会員 100 円、会員外 300 円 (資料代など)
その他:教育福祉会館の 1F、2F は公民館ではありませんので、ご注意願います。
主催:手賀沼と松ヶ崎城の歴史を考える会
【お問合せ先】E-Mail : info@matsugasakijo.net TEL : 090-3579-5185 森 (平日は 18 時以降で)

11月20日(日) 第7回松ヶ崎城祭りを開催!

  • 2016.10.27 Thursday
  • 22:47

11月20日(日) 第7回松ヶ崎城祭りを開催!

 

みんな集まれ! 松ヶ崎城祭りも今年で7回目。 よろしくお願いします。

・主催:手賀沼と松ヶ崎城の歴史を考える会
・松ヶ崎城祭りの場所:松ヶ崎城跡 (柏市松ヶ崎字腰巻457-1 *北柏駅南口よりバスで竹ノ台バス停下車南へ徒歩3分)

           地図は、右をクリック 松ヶ崎城跡の場所はココ
・日程:2016年11月20日(日) 10時〜15時頃
・プログラム:10時開会、城跡の植物説明、10時15分〜 マーサ☆リノイエさん ポップ三味線、11時〜 城跡見学会(1回目)、13時〜 城跡見学会(2回目)、14時〜 おおたかの森お囃子会 獅子舞・ひょっとこ踊り、他にゲーム・クイズ等
・会場で:絵本中心の本、アジア物品、絵葉書、、焼き芋もあるかも
・その他:雨天でも見学会はおこないます(荒天の場合は中止)、駐車場の用意ができませんので、徒歩、バスなどでお越しください

(以下の写真は2015年の祭りの際のもの)

 

 

11月23日(祝・水) 出前松ヶ崎城祭りも開催

出前松ヶ崎城祭り(柏市民活動フェスタの一環)は以下の通り開催

出前松ヶ崎城祭りの場所:パレット柏 多目的スペースB (柏市柏 1-7-1 DayOneタワー3階 *柏駅南口から徒歩3分) 
日程:2016年11月23日(祝・水) 12時半〜14時半頃
プログラム:12時半開会、12時40分〜 藤原正治さん エレキギター演奏、13時20分〜:休憩後、江州音頭、13時40分〜 茗荷さん 三味線がたり

 

歴楽講座 「柏市藤ヶ谷と周辺の歴史」ー意外な真相に迫るー

  • 2016.09.14 Wednesday
  • 22:13

歴女・歴男よ 来たれ! 歴史を楽しむ歴楽講座、お気軽に!

歴楽講座 平成28年度第4回は「柏市藤ヶ谷と周辺の歴史」ー意外な真相に迫るー

 


<藤ヶ谷の持法院>

 

<藤ヶ谷城跡遠景>

 

柏市藤ヶ谷は手賀沼に注ぐ金山落としに面し、藤ヶ谷十三塚、持法院などのあるところで、藤ヶ谷城跡、藤ヶ谷中上城跡に見られるような古い歴史があります。  金山落としは現在は細い流れになっていますが、昔は船も入ってきたとか。  また金山では読んで字のごとく、古代鉄を作っていたって本当?
金山落としの対岸の白井市富塚とは、合戦があったという伝承(矢の橋、村雨丸)もあります。  近世には、鮮魚街道で人や物が行きかい、近現代では東洋一という大きなゴルフ場、それが戦時中には藤ヶ谷飛行場になり、戦後は米軍が接収、返還後は下総基地に。
様々な年代の移り変わりが、藤ヶ谷と周辺地域に刻まれています。その意外な真相に迫ります。


場所:柏中央公民館 5階 和室1・2
日程:2016年9月25日(日) 13時30分〜15時30分くらいまで (13時開場)
テーマ:柏市藤ヶ谷と周辺の歴史 ー意外な真相に迫るー
講師:小林茂氏(白井市郷土史の会)
参加費:会員100円、会員外300円 (資料代など)
その他:49名まで(会員優先)。教育福祉会館の1F、2Fは公民館ではありませんので、ご注意願います。
・以降のテーマ:ロケット戦闘機秋水などのテーマを計画中。

 

<藤ヶ谷の鮮魚街道常夜灯>

 

<東武野田線六実駅付近にある藤ヶ谷飛行場の引込線跡>

歴楽講座 平成28年度第3回は「手賀沼沿岸相馬氏の痕跡と戦国」

  • 2016.07.07 Thursday
  • 07:14

<柏市泉、相馬氏館跡推定地近くの伊津美鳥見神社 >

 

千葉氏一族の相馬氏は千葉常胤の次男相馬師常をはじめとして、連綿と続きましたが、南北朝期以降主流は奥州で栄えました。しかし、元々相馬郡という名前の通り、手賀沼沿岸には相馬氏の勢力があり、遺跡や伝承などからその痕跡をたどることができます。

相馬氏の一族は、根戸、鷲野谷、泉、藤ヶ谷などに分布し、館を構えていたようです。また、古河を本拠とした古河公方足利氏と関東管領上杉氏の対立を基軸にした享徳の乱前後から手賀沼沿岸や周辺でいくつかの大きな合戦が行われ、戸張氏など相馬氏一族の子孫も参戦しています。

古文書の中に多少記述があるほか、様々な伝承もあり、謎も多いですが、一緒に手賀沼沿岸に残された中世相馬氏の痕跡をたどってみませんか。




柏市鷲野谷妙見曲輪跡の星神社
 
・場所:柏中央公民館 集会室1・2
・日程:2016年7月24日(日) 13時30分〜15時30分くらいまで (13時開場)
・テーマ:手賀沼沿岸相馬氏の痕跡と戦国
・講師:当会より
・参加費:会員100円、会員外300円 (資料代など)
・その他:申込不要。参考文献:『手賀沼をめぐる中世(2)ー相馬氏の歴史ー』千野原靖方著 たけしま出版(2014)
・以降のテーマ:8月は休みます、以降は計画中

 

↓ 関係ないですが、北柏ふるさと公園の白鳥です

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ご訪問者数

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM