歴楽講座 2018年度第8回は「古文書から見た下総の戦国時代」

  • 2018.12.24 Monday
  • 21:08

JUGEMテーマ:イベント情報

 

<千葉勝胤ゆかりの勝胤寺(佐倉市)>

 

下総の戦国時代を知る手掛かりとして、当時の人が書いた古文書があります。 千葉氏、原氏、高城氏の各種書状が残っていますし、後北条氏などの記録にも、下総のことが書かれています。 また本土寺過去帳は、短い文章ながらかなり正確な事実を記録しており、そこから分かることも色々あります。  千葉勝胤の家臣たちを含む人々は、「佐倉歌壇」をつくり、戦乱の一方で文化が栄えた側面もあったのです。 今回、当時の文書などを手がかりに、下総の戦国時代の一面を考察しようと思います。

会場:アミュゼ柏 会議室B
  アクセス→柏駅東口より徒歩7分
日程:2019年1月27日(日) 12時半開場、13時〜15時
テーマ:古文書から見た下総の戦国時代
講師:当会より
参加費:300円(資料代など)
その他:なるべく事前にお申込みください。→メール:info☆matsugasakijo.net(☆を@にかえて下さい) 駐車場は会場に隣接していますが、有料です。

 


2019年以降も、当会はアミュゼ柏、パレット柏での講座、野外見学会など開催していく予定です。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ご訪問者数

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM