松ヶ崎城跡紹介動画

  • 2014.08.10 Sunday
  • 10:08
会の紹介用の動画というより、松ヶ崎城跡とその保存に関する活動紹介の動画です。

松ヶ崎城跡は、JR北柏駅の北方歩いて10分ほどいった柏市松ヶ崎字腰巻の標高約18m〜20m、比高約12mほどの舌状台地先端にある中世城郭であり、築城時期は戦国時代初期と推定される約300m四方の城域をもつ中規模の城跡です。
地元の人々は、古くから城跡だと知っていたようです。それは「城山」「腰巻」といった地名や様々な伝承から分かります。

しかし、長い間城郭の研究などで、この城が取り上げられることはなく、昭和49年(1974)に佐藤立身氏が柏の文化財と自然を守る会の会報『郷土と自然25号』で松ヶ崎城を取り上げたのが初めのようです。その翌年の昭和50年(1975)、城跡のある台地を縦断する都市計画道路の計画に対し、市民から城跡の保全を求める陳情が出され、現在の台地沿いの道路となって城跡は保存されました。
その後、柏市教育委員会による遺跡分布調査をへて、松ヶ崎城跡が学術調査の対象になってきました。 また本格研究が進み始め、専門家の説では、松ヶ崎城を手賀沼沿岸の「水辺の城」と位置付け、水運との関わりに言及し、千葉県も調査報告書を出しました。
平成11年(1999)に松ヶ崎城のシンポジウムを開催した市民有志が当会を結成、以降当会は書籍『手賀沼が海だった頃』、ビデオ『柏の歴史遺産 松ヶ崎城址』、DVD 『柏の歴史遺産 松ヶ崎城跡』等を制作、紹介してます。
平成14年(2002)6月に当会は柏市長に保存の要請書を提出。引続き「松ヶ崎城址及び周辺森林の保存のお願い」の署名を集め、平成15年(2003)2月には柏市議会に請願し、採択されています。一方、柏市教育委員会は平成14年(2002)、平成15年(2003)の2回の発掘確認調査を行い、その結果を受け、平成16年(2004)7月には松ヶ崎城跡は柏市文化財に指定されました。

その時の柏市文化財保護委員会のコメントの一部を抜粋します。
「柏市教育委員会の二度にわたる発掘調査(確認調査)により指定文化財とするに足る資料が得られたことと共に、近年の周辺遺跡研究成果が、中世における松ヶ崎城跡周辺地域の重要性を高めたことを受け、本件を指定に足る文化財と判断したものである。
利根川下流域には『香取の海』にかかわる文献資料が残るものの、手賀沼周辺にはほとんど残っていない状況の中、当時の戦国の様相を良好に留める松ヶ崎城跡の歴史的・学問的な価値は高く、消滅した他の城館との比較研究の対象ともなり得るであろう。今後、文献史学・考古学などの各方面からの中世城館研究が進んでいく上で、重要な役割が期待できる。
なお、今後は今回の答申範囲に限らず城域全体で長く保存が図られ、中世城跡を視覚的・立体的に捉えられる場として後世へ伝えて行くと共に、広く活用が図られる事を期待する。
このことは、市街化された住宅地に残る『歴史と緑の空間』という地域のシンボル的な存在として、住民意識の高揚と郷土の理解に大いに資するものと考える。近年注目を集めている『市民との協働』という観点からも検討いただければ幸いである。」
 
急づくりの動画なので、多少おかしい部分がありますが、ご勘弁を。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ご訪問者数

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 9/22 講演と朗読劇の集い「中世城郭を探る 〜東葛、そして常総へ〜」
    森 (09/03)
  • 歴楽講座 平成30年度第2回は「戦国の城の見方入門」
    花子 (06/17)
  • パレット柏オープンイベントで講座「今は桜、元は松原、松ヶ崎城」
    松ヶ崎次郎 (05/27)
  • 7年目の松ヶ崎城跡の桜
    松ヶ崎次郎 (03/20)
  • 不安な青春時代
    森 (06/07)
  • 不安な青春時代
    花子 (06/07)
  • 11月9日(日)に手賀沼と松ヶ崎城の歴史を考える会15周年記念講演会 開催!
    森 (11/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM