歴楽講座 平成28年度第3回は「手賀沼沿岸相馬氏の痕跡と戦国」

  • 2016.07.07 Thursday
  • 07:14

<柏市泉、相馬氏館跡推定地近くの伊津美鳥見神社 >

 

千葉氏一族の相馬氏は千葉常胤の次男相馬師常をはじめとして、連綿と続きましたが、南北朝期以降主流は奥州で栄えました。しかし、元々相馬郡という名前の通り、手賀沼沿岸には相馬氏の勢力があり、遺跡や伝承などからその痕跡をたどることができます。

相馬氏の一族は、根戸、鷲野谷、泉、藤ヶ谷などに分布し、館を構えていたようです。また、古河を本拠とした古河公方足利氏と関東管領上杉氏の対立を基軸にした享徳の乱前後から手賀沼沿岸や周辺でいくつかの大きな合戦が行われ、戸張氏など相馬氏一族の子孫も参戦しています。

古文書の中に多少記述があるほか、様々な伝承もあり、謎も多いですが、一緒に手賀沼沿岸に残された中世相馬氏の痕跡をたどってみませんか。




柏市鷲野谷妙見曲輪跡の星神社
 
・場所:柏中央公民館 集会室1・2
・日程:2016年7月24日(日) 13時30分〜15時30分くらいまで (13時開場)
・テーマ:手賀沼沿岸相馬氏の痕跡と戦国
・講師:当会より
・参加費:会員100円、会員外300円 (資料代など)
・その他:申込不要。参考文献:『手賀沼をめぐる中世(2)ー相馬氏の歴史ー』千野原靖方著 たけしま出版(2014)
・以降のテーマ:8月は休みます、以降は計画中

 

↓ 関係ないですが、北柏ふるさと公園の白鳥です

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ご訪問者数

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 9/22 講演と朗読劇の集い「中世城郭を探る 〜東葛、そして常総へ〜」
    森 (09/03)
  • 歴楽講座 平成30年度第2回は「戦国の城の見方入門」
    花子 (06/17)
  • パレット柏オープンイベントで講座「今は桜、元は松原、松ヶ崎城」
    松ヶ崎次郎 (05/27)
  • 7年目の松ヶ崎城跡の桜
    松ヶ崎次郎 (03/20)
  • 不安な青春時代
    森 (06/07)
  • 不安な青春時代
    花子 (06/07)
  • 11月9日(日)に手賀沼と松ヶ崎城の歴史を考える会15周年記念講演会 開催!
    森 (11/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM