船橋市のQRコード付きの遺跡案内看板

  • 2016.08.14 Sunday
  • 19:37

坪井城跡

 

船橋市坪井町の何の変哲もない畑、これは実は城跡です。坪井城といい、遺構は残っていません。

その案内板は、少し離れた公園の中にあります。

 

 

一体どこに? 小さい公園なので、すぐ分かります。上の写真の右奥にあるのが分かると思います。

 

 

この看板、普通の案内板と少し違うのですが、何が違うかといえば、船橋市教育委員会の文字の右横を見れば。。。

 QRコード、いわゆる二次元バーコードが、印字されています。左は、その部分を拡大したものです。

 この場合、QRコードには、URLの情報が入っています。
 

 

これをスマホで読んでみましょう。スマホに和服の女性の顔が映っていますが、ただの心霊写真(?)ですので、気にしないで下さい。

 

 

勿論、スマホには予めQRコードを読み取ることのできるアプリがインストールされていなければなりません。私は、フリーのアプリをインストールしました。では、読み取るアプリを起動し、読み取ってみます。

 

 

QRコードを認識すると、赤い枠で囲まれて、すぐに次の画面になります。その次の画面が以下です。

読み取り内容が、上の方にURLとして表示され、そのURLで起動し、WEBの画面を表示するためのアプリを選べと言ってきます。

今回、Safariを選びました。日光の反射で見づらいですが、あしからず。

 

 

そうすると、実際はワンクッションあるのですが、以下の画面が表示されました。

 

 

案内板の内容とだいぶ重複しており、遺跡の図が入っただけといえば、それまでですが、でもこんな仕組みは今までなかったと思います。いっそ音声や動画もでるようになれば、もっと良いかも。

 

問題は、この看板がどこにあるのかが、今ひとつ分かりにくく、船橋市のHPで調べ、住所を確認し、さらにGoogleマップでストリートビューをかけるなどして、道順を調べておかないとたどりつけないということ。

もっと分かり易く遺跡そのものと案内板の位置がわかるものがあれば、良いのですが。

 

ただ、船橋市は看板があるだけでもいいです。柏市など中馬場遺跡のような主要な遺跡の看板が立っていないのですから。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ご訪問者数

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 9/22 講演と朗読劇の集い「中世城郭を探る 〜東葛、そして常総へ〜」
    森 (09/03)
  • 歴楽講座 平成30年度第2回は「戦国の城の見方入門」
    花子 (06/17)
  • パレット柏オープンイベントで講座「今は桜、元は松原、松ヶ崎城」
    松ヶ崎次郎 (05/27)
  • 7年目の松ヶ崎城跡の桜
    松ヶ崎次郎 (03/20)
  • 不安な青春時代
    森 (06/07)
  • 不安な青春時代
    花子 (06/07)
  • 11月9日(日)に手賀沼と松ヶ崎城の歴史を考える会15周年記念講演会 開催!
    森 (11/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM