2月26日(日)に第8回歴楽講座「歩いてみた柏」開催

  • 2017.02.19 Sunday
  • 00:18

<布施弁天の看板と常夜灯>

 

JR北柏駅から少し離れていますが、布施入口の交差点をしばらく東へ進むと、布施弁天の看板と常夜灯があります。その先の向かって右側の道を進んでいくと、布施弁天がありますが、その途中に南龍寺や大きな古い家が建ち並ぶ地域があるのですが、そこを含めた一帯が柏市でも古くから栄えた布施地域になります。

 

<布施弁天東海寺>

 

布施は戦国時代末期から江戸時代初期に、既に400石を越える石高の村で、江戸時代後期には700石くらい、明治期には1000石を越える大きな村でした。 近隣の村が200石程度の時に3倍以上の村高があった訳で、寺社もいくつもあります。布施はもちろん、お寺では布施弁天が有名ですが、布施街道沿いには正保4年(1647)創建という浄土宗の南龍寺があり、古谷には時宗の善照寺があります。また、あけぼの山農業公園に近い土谷津には、真言宗の円性寺があります。 他にお堂もあり、神社は古谷に八坂神社、香取神社、土谷津に日枝神社などがあります。

この辺りは、古代には古墳が築かれ、中世には城も築かれましたが、布施はどちらもそれなりの規模でありました。

 

今回、「歩いてみた柏」と題した講座を行いますが、布施と花野井、そして松ヶ崎城跡のある松ヶ崎にスポットを当てて、ご紹介しようと思います。 「歩いてみた」とあるように、実際に歩いてみないと見落としてしまうこともあると思いますので、できるだけそれを拾っていこうと思います。

 

<安産不動明王の御堂>

 

今回の講座は、以下の通り実施予定です。

 

場所: 柏中央公民館 4F 集会室1・2  柏市柏5丁目8番12号(教育福祉会館内) 
⇒ アクセス:柏駅東口より徒歩10分 
日程:2017年2月26日(日) 13時半〜15時半くらいまで 
テーマ:歩いてみた柏 〜布施・花野井・松ヶ崎を中心に
講師:当会より
参加費:会員:100円、会員外:300円 (資料代など)
その他:柏中央公民館に隣接して駐車場はありますが、有料です。 
以降のテーマなど:3月は歴楽講座はありません。4月に講演会を開催予定

 


<浄土宗の南龍寺>

 

なお、花野井については、以前地元の方に聞き取りをしていますので、そのことを交えてお話できればと思います。

 

<吉田邸の門>

 

先日布施に少し写真を撮りに行った後、松ヶ崎城跡に行くと、だいぶ桜が咲いていました。講座のある2月26日には、もう満開かもしれません。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

ご訪問者数

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM