次回もまた「戦国実力派宣言」

  • 2019.08.07 Wednesday
  • 22:30

JUGEMテーマ:イベント情報

<設楽原合戦場跡の復元馬防柵>


有名な戦国武将については、長く間違った通説が伝えられ、実像とは異なるイメージが定着していたことが意外に多いです。 例えば、北条早雲の名前で知られる伊勢宗瑞は、昔は伊勢の素浪人とされていましたが、今では足利将軍家にも近い上級武士である幕府政所執事の伊勢氏の一族というのが分かっています。 豊臣秀吉も貧しい農民の子といわれていましたが、父親の木下弥右衛門は当時の農民としては名前が立派過ぎ、母親のおなかや親戚の加藤清正は刀鍛冶を兼ねた地侍出身です。 今いろいろなところで訂正されているように、秀吉も尾張の織田信秀に仕えた地侍の子というのが本当のところではないでしょうか。 後世にかなり歪められて伝えられ、江戸時代の軍記物などで面白おかしく脚色されたと思います。

それだけでなく、戦国時代の合戦についても、伝えられたものと実態が違っていると思われるものがいくつかあります。

例えば桶狭間合戦ですが、今川義元は上洛を目指して大軍を率いて桶狭間まで来たのでしょうか。 そして、織田信長は奇襲攻撃で油断していた今川勢を破ったのでしょうか。

 

『尾州桶狭間合戦』 歌川豊宣画

 

長篠合戦は武田騎馬軍団を織田・徳川の鉄砲隊が迎え撃って倒したのでしょうか。 そもそも、山国である甲斐を本国とする武田勢に騎馬軍団が存在したなど、本当でしょうか? そして3万ともいう大軍を率いてきた織田勢と現地を知り尽くした徳川勢が、たかだか1万5千あまりの武田勢を破って当たり前なのではありませんか? 設楽原の現地をみれば、騎馬軍団の突撃など後世の虚構であることが良く分かります。

桶狭間合戦や長篠合戦を例として、戦国武将の虚像と実像、戦国合戦の通説と実態など、探ってみたいと思います。

 

会場:アミュゼ柏 会議室B
  アクセス→柏駅東口より徒歩7分
日程:2019年8月25日(日) 12時半開場、13時〜15時
テーマ:戦国実力派宣言 〜戦国武将に関する通説と実像〜
講師:当会より
参加費:300円(資料代など)

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ご訪問者数

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 9/22 講演と朗読劇の集い「中世城郭を探る 〜東葛、そして常総へ〜」
    森 (09/03)
  • 歴楽講座 平成30年度第2回は「戦国の城の見方入門」
    花子 (06/17)
  • パレット柏オープンイベントで講座「今は桜、元は松原、松ヶ崎城」
    松ヶ崎次郎 (05/27)
  • 7年目の松ヶ崎城跡の桜
    松ヶ崎次郎 (03/20)
  • 不安な青春時代
    森 (06/07)
  • 不安な青春時代
    花子 (06/07)
  • 11月9日(日)に手賀沼と松ヶ崎城の歴史を考える会15周年記念講演会 開催!
    森 (11/16)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM